DeFi(ディーファイ)富の受給講座【注意点は?】【仕事内容は?】副業・投資・株式会社Resmarch・富の受給無料講座

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ syoukoです。

~~ 毎月30万円 “稼げる” ではなく “受け取る” ?
んー…これまた怪しいなー…詐欺なのかなー… ~~

ということで今回は
「春の特別企画」としてオファーを展開している
『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』
について調べたところ

無理がある設定のうえ、
資金を失う危険性もはらんでいる

という判断になりました。

悲痛な口コミ(クチコミ)を書くハメにならないためにも、ぜひ参考にして下さい。

 

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』概要は?

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

【特定商取引法に基づく表記】

運営会社 株式会社Resmarch
運営責任者 佐藤康大
所在地 東京都中央区八重洲2-4-10第一幸田ビル2F
メールアドレス info@defi-get.com

 

ランディングページ

※検索や広告などで最初にアクセスするページ

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

 

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』ビジネスモデルは?

DeFi(ディーファイ)富の受給講座

 

 DeFiとは

Decentralized Financeの略。

分散型金融
銀行のような中央管理者が存在しない金融仲介アプリケーション。
イーサリアムのブロックチェーンが基盤となっており、イーサリアムを購入する必要がある。
 
 イーサリアムとは
暗号資産(仮想通貨)
ビットコインに次ぐ時価総額と知名度
 
 暗号資産

2018年12月、金融庁は仮想通貨の呼称を暗号資産に改めると発表。2020年5月1日、正式施行。

 
講座動画によると、今回のビジネスモデルは
 
 レンディング(仮想通貨を貸し出す)
 
のようです。
 
主な流れ
イーサリアムを購入
購入したイーサリアムをイーサリアムウォレットへ送金

イーサリアムウォレットとDeFiサービスを提携
分散型取引所で自分の資金を貸し付ける
 
レンディングで安定した収益を目指す場合、
ステーブルコイン (安定した価格を実現するように設計された通貨)をプールする必要があります。
 
そして、利回りの良いステーブルコインをプールしたとしても
『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』が主張する
毎月30万円の収益をあげるためには
 
300万円の資金が必要です。
 
 
なので、
『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』では、
レンディングだけではなく
 
更なる仕掛けがあるものと思われます。
 

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』注意点は?

洗 脳

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』では
「講座」という名のもと、いくつもの動画を視聴させられます。

小分けした動画を視聴させる効果のひとつに
「洗脳」があります。

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』がそうだと決めつけるわけではありませんが、

この「洗脳」を利用して高額バックエンドへと誘導する詐欺まがいの商材が、最近急増しています。

 

体験版

これは、『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』の別パターンの広告です。

DeFi(ディーファイ)富の受給講座
DeFi(ディーファイ)富の受給講座
 
 
リアルタイム体験型元金30万円の提供
 
となっています。
 
このことより、無料で与えられるのは、なんらかの デモ版(体験版)であると考えられます。
 
通常、デモ版は、あらかじめ稼げるようにプログラミングされています。
 
「元金30万円提供」というのも、デモ版の運用資金として30万円が入金されているだけのことが多いです。
 
あくまで体験版なので、
 
当然のことながら、出金はできません。
 

高額バックエンド

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』がそうだとは言いませんが、よくあるパターンでは、

動画で洗脳し、体験版で稼げる体験をさせることによって信じ込ませ、高額バックエンドへ誘導する

というのが一連の流れになります。

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』で可能性が高いと予想されるのは

ガバナンストークンと称される独自通貨の販売
 
です。
 
サービスの実装がきちんとされているものなら良いですが、
 
DeFi を利用した詐欺プロジェクトが横行しているので、注意してください。
 

DeFiの危険性

ガバナンストークン販売の他にも、DeFi には、数々のリスクがあります。

過去の例をみると

  • 価格変動によるコインの無価値化
  • トラブルによる破綻
  • プログラムのバグ
  • ハッキング
  • 暴落による強制清算
 
 
これらにより、
 
出金できなくなった
資金の全てを失った
 
ということが現実に起きています。
 

実 績

DeFi(ディーファイ)富の受給講座
 
1000名以上の受講生に富を受給させてきた
と書かれていますが、
 
この人達がいくら受け取っているのかは書かれておらず、また、受け取った証拠も開示されていません。
 

電話番号

『DeFi(ディーファイ)富の受給講座』の特商法は

電話番号の記載がありません。

つまり、

金銭がからむトラブルになった時

連絡のとりようがありません。

解約・返金も非常に困難です。

行方をくらまされたら、どうしようもありません。

 

 特商法とは

特定商取引法といい、通信販売や訪問販売などにおいて、事業者の(詐欺など)違法・悪質な行為を防止し、消費者の安全と利益を守る目的で定められた制度

 

特商法では、サイト上で契約行為のアクションが発生する場合、責任者、住所、電話番号の表示が定められています。

 

まとめ

DeFi は、うまく資金運用すれば、高金利で儲かる
と評判です。

しかし、まだまだ歴史も浅く、不安定な面も多いのです。

今後、規制が厳しくなって、今のような活動が行えなくなる可能性もあります。

そして、投資家たちが注意喚起を行っているのは

DeFiバブルの崩壊 

です。

そもそも、DeFiは、

何回か講座を受けただけで理解できるようなものではありません。

今回、この記事を書くにあたって、私も少し勉強しましたが、暗号資産(仮想通貨)の知識はもちろん、DeFiのシステムや専門用語、関連する仕組みなどなど、頭が小爆発を起こしましたw

 

運用もしくはプールを行うには

にわか勉強ではなく

じっくりと腰をすえて勉強したうえで

余剰資金で関わらないと

とんでもなく痛い目に遭う

と思います。

 

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございます‼

またね! (^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました